レザークラフト入門講座

2016年の記事一覧

dsc_6271

初心者でも大丈夫!
レザークラフトを
一緒に楽しんでみませんか?

2016 の記事一覧

音が出ない菱目打ちの工夫!マンションやアパートでもレザークラフトが楽しめる

レザークラフトの菱目打ちは木槌でガンガン叩くのでマンションやアパートではちょっと難しいですよね? 一軒家でも夜に作業すると家族に迷惑が掛かってしまいます。 そこで、ドリルスタンドを使った菱目打ち機を作ってみました。 作っ […]

途中で糸が足りなくなった場合(綺麗に糸を継ぎ足す方法)

革を縫っている途中で糸が足りなくなった場合の糸の継ぎ足し方について紹介します。 ↓ここから新しい糸を継ぎ足してみます。 まず、通常通りに表側から針を通します。 表側から通した糸は最後まで引っ張らず、輪を作ります。 同様に […]

名刺入れの作り方

「名刺入れ」の作り方を紹介します。 名刺が20枚以上入るメインポケット一つと、”かぶせ”には1~2枚程度収納できるサブポケット付きです。 型紙の販売について 名刺入れの原寸大型紙は税込み380円にて販売中です。 ご興味の […]

カシメ金具の選び方と取り付け方

レザークラフトの留め金具として用いられている”カシメ”の選び方と取り付け方について紹介します。 ↓このようにカシメで革を止めるだけで簡単なキーホルダーが作れます。 カシメは突起が長いモノ(オス側)と短いモノ(メス側)を一 […]

ミニバッグの作り方

とってもかわいいミニバッグの作り方を紹介します。 すごく難しそうですが、意外と簡単に作れます。 型紙の販売について ミニバッグの原寸大型紙は税込み540円にて販売中です。 ご興味のある方はご注文お待ちしています。 ↓↓↓ […]

ポケット付きコインケース(小銭入れ)の作り方(No.02)

シンプルなポケット付きコインケース(小銭入れ)の作り方を紹介します。 型紙の販売について コインケースの原寸大型紙は税込み380円にて販売中です。 ご興味のある方はご注文お待ちしています。 ↓↓↓ [材料] 使用する材料 […]

使いやすい針の選び方

レザークラフトで使う針の選び方を紹介します。 革細工用の針と布針の違い レザークラフト用の針と布針は形が似ているのですが、太さや穴の大きさが違うので利用することができません。 針先も、ご覧の通りレザークラフト用の針は先が […]

ナイフの切れ味が格段にアップ!革砥の作り方

突然ですが、革砥(かわと)ってご存知でしょうか? 何のことかわからないという方のために簡単に説明すると、研磨剤を擦り込んだ革のことで、板などに張り付けた状態で使用します。 刃物はどんなに「切れる」と評価のある刃物でも、使 […]

ラウンドナイフのケースを作る

ラウンドナイフとはレザークラフトの道具の一つで、欧米の職人さんが好んで使っています。 日本で言う革包丁のような、革を裁断したり漉いたりする道具です。 今回は、自前のラウンドナイフのケースを作ってみることにしました。 ラウ […]

【縫い糸】の選び方

レザークラフト用の縫い糸は、素材、太さ、色など、種類がとっても豊富です。 基本的に、丈夫な糸は高い!色と太さしだいで作品の印象も大きく違ってきます。そんなわけで、いつもどんな糸を使おうか、迷ってしまいます・・・。 素材か […]

縫い糸の始末(目立たない糸の結び方)

縫い終わったら、糸が解れないように糸の始末をします。単純に糸を縛っただけでは、縫い目が凸凹してしまい、美しくありません。 できるだけ結び目を隠して綺麗に糸を始末すれば、縫い目も滑らかできれいな仕上がりになります。 裏側が […]

革をきれいに縫い合わせる方法とコツ

縫い穴をあけた革を綺麗に縫い合わせる、”手縫い”はレザークラフトの醍醐味の一つ! レザークラフトでは、糸の縫い目が作品の一部であり、作品の出来に大きく影響するといっても過言ではありません。ポイントさえ分かれば誰にでも綺麗 […]

レザークラフトで使う革の基礎知識と選び方

レザークラフトでは革についての基本的な知識があると材料選びがスムーズに行え、完成のイメージや適切な素材を選ぶことができます。 革の各種名称と扱い方 革は、表側の滑らかな面を「銀面」と呼び、裏側のざらざらしている面を「床面 […]

革にガイドラインを引く方法とコツ

レザークラフトの手縫いの場合、革が固くて直接針を通すことができません。 そこで、あらかじめ縫い穴をあけるのですが、綺麗で直線な穴をあけるためのガイドラインを引いてそのラインに沿って穴をあけていきます。 ライン引きの道具 […]

革を型紙通りに裁断する方法とコツ

革の裁断方法を紹介します。 まず、事前に厚紙で型紙を作り、目打ちなどで革の銀面に型紙を写して裁断の準備をします。 /leather598 必要なもの 型紙を写した革 カッ […]

革に型紙を写す方法とコツ

革に型紙をに写す道具の紹介と、きれいに型紙を写す方法を説明します。 必要なもの 型紙(市販の型紙集)や自作した物 工作用紙 革(最初は、はぎれのセットがお勧め) 丸錐(まるぎり) カッターマット 型紙をコピーする 市販の […]

革の床面の磨き(裏面の始末)の方法とコツ

革には表面のつやつやしている部分を【銀面(吟面とも)】。裏側のざらざらしている部分を【床面】と呼んでいます。革の床面は下の写真の通り、ざらざらしていて毛羽だっています。 手触りや見た目が良いものではありませんから、床面が […]

超小型キーケースの作り方

シンプルで超小型のキーケースの作り方を紹介します。 型紙の販売について 原寸大型紙は税込み200円にて販売中です。 ご興味のある方はご注文お待ちしています。 ↓↓↓ [材料] 使用する材料は一例です。お好みの色やレザーを […]

コインケース(小銭入れ)の作り方

クレジットカードも入るコインケース(小銭入れ)の作り方を紹介します。 内張りを貼った上位モデルもどうぞ /leather1941 型紙の販売について コインケースの原寸大 […]

キーケースの作り方

簡単に作れるキーケースの作り方を紹介します。 より完成度の高いシックなデザインのキーケースもあります合わせてお読みください /leather1827 型紙の販売について […]

菱目打ちで縫い穴をあける方法とコツ

レザークラフトの縫い穴のあけ方について紹介します。 革は厚くて硬いので針が通りません。そこで、あらかじめ革に縫い穴をあけてから糸を通します。 穴をあける道具は「菱目打ち」と呼ばれる道具をい使います。その名の通り、菱型の穴 […]

縫い糸の通し方とコツ

レザークラフトの縫い糸の通し方について説明します。 レザークラフトでは、糸の両端に針を付けるので、針は2本用意し、糸は縫い代の3~4倍程度の長さにカットします。 必要な道具 縫い針 縫い穴をあけたレザー 縫い穴の3~4倍 […]

レザークラフトの基本 キーホルダーの作り方

はぎれレザーを使ってシンプルで簡単に作れるキーホルダーを作ってみました。 [材料] 使用する材料は一例です。お好みの色やレザーを自由に選んでください。 牛革小サイズ【タンローはぎれ約300gパック】A5サイズより少し小さ […]

【菱目打ち】の選び方

レザークラフトの菱目打ちについて紹介します 革は厚くて硬いので針が通りません。そこで、革に縫い穴をあけてから糸を通します。 この穴をあけるための道具を「菱目打ち」と呼びます。その名の通り、菱型の穴があきます。菱形のおかげ […]

【ブライドルレザー】とは?(レザークラフト用語集)

タンニンなめしによって仕上げられた革に、蜜蝋やオイルを芯までしみこませたものをブライドルレザーと呼びます。 ブライドルレザーの特徴 白い粉が浮き出る 革の表面に”ブルーム”と呼ばれる特有の白い粉が出ることがあり、ブライド […]

【サドルレザー】とは?(レザークラフト用語集)

(画像はサドルレザーとして販売されている革) 出典:www.leathercraft.jp サドルレザーの定義は? サドルとは、馬具に使用する「鞍」の事を指し、そこから名前を取ってサドルレザーと呼称しています。 基本的に […]

【ヌメ革】とは?(レザークラフト用語集)

ヌメ革とは、タンニンでなめした革のこと。本来は染色・表面処理をしていない革のことですが、染色済みのモノもヌメ革と呼ぶことが多いです。 ですから、ヌメ革といった場合、一般的には”タンニンでなめした革”と覚えておきましょう。 […]

【タンロー】とは?(レザークラフト用語集)

ヌメ革の一種。 「タンニンなめしろうけつ染め用の革」を略した用語です。 その名の通り、植物タンニン剤でなめした革であり、ろうけつ染め-つまり脱色・脱脂した、染色し易いヌメ革です。 通常のヌメ革より色が白く、油分が少ないの […]

初心者にオススメ!革の手縫いキットでレザークラフトに挑戦!

レザークラフトに興味はあるけど、いざ挑戦しようとすると道具を揃えたり、型紙を作ったりと、少々取っつきにくいですよね。 そもそも、何を揃えればよいのかよくわかりません・・・。 そんな時、たまたまamazonで見つけたのがレ […]