初心者向けレザークラフト入門講座

革に型紙を写す方法とコツ

2016/11/28

革に型紙を写す方法とコツ

スポンサーリンク

革に型紙をに写す道具の紹介と、きれいに型紙を写す方法を説明します。

必要なもの

型紙をコピーする

市販の型紙や自作の型紙は、印刷・コピーして厚紙に貼り付けます。
紙のままではペラペラで型紙通りの線を引くことができません。
厚紙は工作用紙やお菓子の箱などでも可。厚紙に張り付けたら裁断線を丁寧に切り取ります。
パンチ穴はカットしません。カットしてしまうと中心線が分からなくなってしまいます。
印刷した型紙を厚紙に張り付ける

型紙を革に写す

型紙を写すには丸キリのような先の細い道具を使うか、銀ペンを使います。
銀ペンは銀色のインクが出るボールペンです。ペン先が太いので革を傷つけることなく線が引け、消しゴムでこすると線を消すこともできます。(ただし、タンローやナチュラル色のヌメ革は、インクが染み込み、消えないことがあるので必ず試してから使用してください。)
型紙を写すときに使用する道具

型紙が動かないようにしっかり押さえ、丸キリで革の表面に跡をつけていきます。
革を傷つけることになりますが、線の上を裁断すれば後は残りません。見やすいように、しっかりと線をつけましょう。
型紙がズレないようにしっかり押さえ、目打ちで型紙をなぞる

パンチ穴は中心に丸キリを立て、跡をつけます。
穴位置は目打ちで中心に印をつける

銀ペンと丸キリの比較

銀ペンと丸キリでつけた線を比較してみました。
右が銀ペンで左が丸キリでつけた線です。ご覧の通り、丸キリでつけた線は非常にシャープな線が引けます。
一方、銀ペンは先が太いので、線幅は1mmほどあります。
銀ペンは線が見やすいのですが、精密な切断には不向きといえます。
銀ペンと目打ちのラインの比較

さらに、銀ペンは先が丸いので型紙と線との間に隙間ができ易いというデメリットもあります。
一方、丸キリは型紙通りの線が引けるのでより正確に型紙を写しとることができます。

以上の理由から、私は銀ペンを持っていますが、型紙を写す場合、ほとんど丸キリしか使っていません。
※ただし、合わせ面の位置を書いたりする場合は銀ペンを使う場合もあります。
銀ペンは型紙に隙間ができやすい。 目打ちは型紙通りの線が引ける

 


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでレザークラフト入門をフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です