レザークラフト入門講座

デブペンケース型の筆入れを作ってみよう!

2018/03/18

デブペンケース型の筆入れを作ってみよう!

スポンサーリンク

ファスナーの取付け

この作品は、ファスナーを215mmに調整するとピッタリのサイズになります。
メイキング映像の2:30~でファスナーの調整方法を説明しているので合わせてごらんください。)

市販のファスナーはほとんどが5cm刻みで販売されています。 なかなか型紙どおりの丁度よい長さのファスナーを見つけることはできません。 こんなときは、ファスナーをピッタリの長

ファスナー部(Cパーツ)の長さとほぼ同じ位になるようにファスナーをカットします。

ファスナー口は解れ易いので、ライターで軽く炙って解れ止めします。

スポンサーリンク

ファスナーの務歯を取ります。
ペンチで引き抜くこともできますし、喰切を使って切り取っても良いです。
(Cパーツ)と現物合わせしながら務歯の長さを調整しましょう。
ケイバ(KEIBA) プロホビー 喰切 HKC-D04

ファスナーの部品を取り付けます。
左から、スライダー、上止め(2ケ)、下止めになります。

エクセラのファスナーは頑丈にできているので上止め、下止めともにハンマーで叩いて取り付けます。
この時、傷がつかないように革のハギレなどを敷くと良いです。

ファスナーを調整したら両側に仮組み用の両面テープを貼り付けます。
ニトムズの5mm幅の両面テープが接着力が強く、丁度よい幅です。

ファスナーが曲がってしまうと見た目が悪くなります。
できるだけ中心になるように貼り付けましょう。

縫い合わせます。

縫い穴をあけた革を綺麗に縫い合わせる、”手縫い”はレザークラフトの醍醐味の一つ! レザークラフトでは、糸の縫い目が作品の一部であり、作品の出来に大きく影響するといっても過言ではあ

糸の始末は見えない部分なので、ライターで溶かして簡単に処理します。


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでレザークラフト入門をフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください