レザークラフト入門講座

デブペンケース型の筆入れを作ってみよう!

2018/03/18

デブペンケース型の筆入れを作ってみよう!

スポンサーリンク

コバ磨き

コバの色が薄いので染色しました。
染料はレザークラフト用のクラフト染料を使い、燃料用のアルコールで任意に薄めて用います。

染色したら染料が乾燥しないうちに素早く磨きます。
染料の成分で革が締まるため、下手にトコノールで磨くよりも綺麗な艶が出ます。

スポンサーリンク

youtubeのメイキング動画はここでコバ処理を終えていますが、実際にはもうひと手間かけています。ロウを塗り込み、400番→600番→800番→2000番のスポンジ研磨材で磨いて艶を出しました。
ロウを含ませることでコバに腰が出て、型崩れし難くなります。

ファスナー取手の製作

ファスナーに取手を付けました。
パーツBのハギレで作れますし、高級感が出るので是非作ってみてください。
型紙も同封しています。

型紙通りに裁断した革にステッチンググルーバーで縫い穴のガイドラインを引きます。

二つ折りにして菱目打ちや菱ギリを使って縫い穴をあけます。

縫い穴をあけたらゴムのりを塗布します。

革を重ねて3mmほどにして心材を作ります。
心材を型紙通りにカットして中央付近に接着します。

スポンサーリンク

スライダーの穴に取手を入れます。

2つ折りにして接着します。

縫い合わせます。

コバを磨けば完成です。


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでレザークラフト入門をフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください