レザークラフト入門講座

長財布の作り方

2017/09/01

長財布の作り方

スポンサーリンク

本体部分に札入れを取り付ける

本体部分に型紙[Kパーツ]に記載された「Jパーツ取り付け位置」に印を付けます。
(目立たないように軽く印を付けます。)

コイン入れに取り付けたマチは切りそろえることを前提に、2mm大きく作っています。
コバから2mm内側に、目印になるラインを書きます。

本体パーツの外周に縫い穴のラインを引きます。
(コバから3mm間隔)

表から縫い穴を開けると、裏側にあるカード入れのコバを切ってしまうことがあります。そこで、丸キリを使ってコバを避けるように目印の穴を空けます。

表側から見ると丸キリの跡が確認できます。
この穴を手がかりに菱ギリで穴を開ければコバ口を切断することはありません。

ぐるりと一周穴を開けます。

本体パーツに付けた「Jパーツ貼り付け位置」の印に、札入れのマチを接着します。
(左右両方のマチを接着します。)

接着したら、菱ギリで穴を貫通させます。

穴を貫通させたら、財布の外周をコの字型に縫い合わせます。
(札入れの底部は縫い穴が貫通していないので縫わない)

縫い合わせたら、左右のマチをカットして本体部分のコバと合わせます。

コバを軽く磨いて整えます。

札入れの底の部分は、このように開いた状態です。
この部分をゴムのりで貼り合わせます。

現物合わせで横幅を揃えているので、正しく組み立てていればコバが一致するはずです。

接着したら、菱ギリを使って表側から縫い穴を貫通させます。

縫い穴を貫通させたら、直線部分を縫い合わせます。

本体部分からはみ出した革を切り揃えます。これが最後の現物合わせ。

これでほぼ財布が完成しました。
最後に財布の四隅の角を丸め、コバを磨けば完成です。
四隅の角はカッターや革包丁で丸く裁断しても良いですし、ヤスリを使っても良いでしょう。

ロングウォレットの完成です

以上でロングウォレットが完成です。


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでレザークラフト入門をフォローしよう!

“長財布の作り方” への10件のフィードバック

  1. たかし より:

    こんにちは。
    長財布の型紙を購入し、作りました。
    素敵な財布ができて、使うのが楽しみです。

    小銭入れの底部分はゴムノリ等で貼り合わせないのでしょうか。
    最後のページに示されている、「札入れの底は空いている」ところでは
    小銭入れ部分は貼り付けてあるように見えます。

    • hiro より:

      小銭入れの部分は、
      「[Eパーツ]の外周5mmの範囲にゴムのりを塗布します。」
      と記載の通り、貼り合わせの説明がされております。
      それとも、他の部分についてのことでしょうか?

      よろしくお願いいたします

      • たかし より:

        返信ありがとうございます。

        ご指摘の通りでした。
        なぜか今までその部分を読み飛ばしていました。

        回答ありがとうございました。

  2. 貴之 より:

    こんにちは。
    本日0時ごろにこちらの長財布の型紙をクレジット決済にて購入させて頂いたのですが、決済後ダウンロードのリンクが表示されず、メールアドレスの方にも何も送られてこないのですがどうしたら良いでしょうか?

    • hiro より:

      確認いたしましたが、0時頃に売り上げはございませんでした。
      もしかすると決済が正常に完了しなかった可能性がございます。

      もう一度確認しますので、ご決済時のメールアドレスと名前を教えてください。確認ができましたら再送いたします。

      よろしくお願いいたします。

  3. satoshi より:

    こんにちは。
    型紙を購入希望なのですが、購入ボタンを押しても「買い物カゴは空です」となってしまい、購入できません。どうしたらよろしいでしょうか。

  4. たかし より:

    こんにちは。本日21時頃こちらの財布の型紙をクレジット決済で購入しました。スマホで型紙の表示はできたのですが保存できず画面が戻ってしまいました。再表示したくてもできません。対応していただけませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください