レザークラフト入門講座

革のSDカードケース(ストラップ)の作り方

2017/11/17

革のSDカードケース(ストラップ)の作り方

スポンサーリンク

カードポケットの縫いつける

カードポケットの取り付け位置に印を付けます。

先程付けた印の位置までカッターの背を使って面を荒らします。
(床面を磨いた場合、面を荒らさないと接着剤が効きません)

ゴムのりを接着面の両側に薄く塗布します。

ゴムのりを良く乾燥させてから、SDカードポケットを貼り合わせて圧着させます。

コバから3mmの位置にステッチンググルーバーで縫い穴のガイドラインを引きます。

レザークラフトの手縫いの場合、革が固くて直接針を通すことができません。 そこで、あらかじめ縫い穴をあけるのですが、綺麗で直線な穴をあけるためのガイドラインを引いてそのラインに沿っ

縫い穴のガイドラインに沿って穴を空けます。

コの字型に縫い穴を空けます。

縫い付けます。

糸の始末はライターで炙って止めました。

縫い終えたらハンマーなどを使って縫い糸を叩いて馴染ましょう。

最後に角を落として丸くします。


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでレザークラフト入門をフォローしよう!

“革のSDカードケース(ストラップ)の作り方” への3件のフィードバック

  1. 石田 美和 より:

    こちらから失礼します。
    先日、こちらの型紙を購入した者です。
    ポケット部分の立体形成する型紙がおまけで付いていたので、チャレンジしたいのですが、やり方がわかりません。
    教えて頂けると助かります。
    おまけの型紙なのに図図しいことをお願いしてスミマセン

    • hiro より:

      いえいえ。
      革の立体加工は意外と簡単なので初心者向きですよ。
      詳しくは↓こちらで成型方法を紹介しているので参考にしてください。
      /leather1744
      /leather2238

      • 石田 美和 より:

        返信有難うございました。
        初心者にもわかり易くて、本当に助かりました。
        感謝感謝です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください