レザークラフト入門講座

レザートレイの作り方

2017/08/17

レザートレイの作り方

スポンサーリンク

コバ処理

中敷きのコバを処理します。
ヘリ落としを使って角を丸くしてコバを磨きます。

しっとりとした艶と光沢のあるコバの磨き方について、ヌメ革を使って詳しく説明します。 基本を身につければ、写真のような光沢も可能。 コバが丁寧に仕上げられた作品は見栄えがとて

コバを磨くときはコバ磨き帆布を使うと、驚くほど簡単できれいに磨けます。

コバを磨いたら、中敷きに縫い穴のガイドラインを引いておきます(まだ穴は開けない)。

レザークラフトの手縫いの場合、革が固くて直接針を通すことができません。 そこで、あらかじめ縫い穴をあけるのですが、綺麗で直線な穴をあけるためのガイドラインを引いてそのラインに沿っ

スポンサーリンク

中敷きの仮止め

中敷きと内張りにゴムのりを塗布し、仮止めします。
ゴムのりの使い方は、接着する両面に塗布し、完全に乾いてから圧着します。

内張りにゴムのりを塗布するときは、型紙を使うと中敷きの接着範囲が分かります。
中敷きの接着範囲からはみ出さないように5mmほど内側に接着剤を塗布します。
本来、ゴムのりを使うときは銀面を荒らすのですが、仮止めなのでそのまま塗布しました。

型紙をガイドにして中敷きを貼り付けます。

縫い合わせる

事前に引いたガイドラインに沿って縫い穴を空けていきます。

レザークラフトの縫い穴のあけ方について紹介します。 革は厚くて硬いので針が通りません。そこで、あらかじめ革に縫い穴をあけてから糸を通します。 穴をあける道具は「菱目打ち」と呼ば

縫い穴を空けたら縫っていきます。

縫い穴をあけた革を綺麗に縫い合わせる、”手縫い”はレザークラフトの醍醐味の一つ! レザークラフトでは、糸の縫い目が作品の一部であり、作品の出来に大きく影響するといっても過言ではあ


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでレザークラフト入門をフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください