レザークラフト入門講座

懐中時計(鉄道時計)用ホルダーケースの作成

2017/03/22

懐中時計(鉄道時計)用ホルダーケースの作成

スポンサーリンク

ベルトストラップの取付

ベルトストラップを作ります。
まず、20mmの巾に裁断した革にジャンパーホックを取り付けます。
↓ジャンパーホック

まず、ホックのメス側を取り付けます。パンチで3.5mm~4mmの穴をあけます。

ジャンパーホックの頭を万能打ち台の凹みが同じ大きさの箇所に乗せます。

ホック足に、穴を空けた革を挿入し、その上にばね側を乗せます。

ジャンパーホック専用の打ち棒を使い、木槌で少しづつ打ち込んで固定します。

スポンサーリンク

続いてばねホックのオス側を取り付けます。
ベルトストラップなのでベルトのサイズに合わせて取り付け穴の位置を確認します。

オス側も穴を空けてホックをセットし、専用の打ち棒で打ち込みます。
打ち棒はオス・メスとも同じものを使います。

ストラップを本体にゴムのりで接着し、目打ちを使って縫い穴を空けていきます。

糸で縫って固定します。


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでレザークラフト入門をフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください