レザークラフト入門講座

立体成形のホック付き名刺入れ

2017/03/17

立体成形のホック付き名刺入れ

スポンサーリンク

錠前の取付け

成型した革に錠前を取り付けます。
現物合わせで、中心部に切り込みを入れ、錠前を差し込んで固定します。
差し込み錠前 ニッケルメッキ 18×25mm 1組入

スポンサーリンク

本体の組み立て

外装になる部分を型紙に従って裁断。
強度が必要な背と蓋の部分には革を貼りつけています。

成型パーツをゴムのりで接着します。

菱目打ちで縫い穴を空けます。

レザークラフトの縫い穴のあけ方について紹介します。 革は厚くて硬いので針が通りません。そこで、あらかじめ革に縫い穴をあけてから糸を通します。 穴をあける道具は「菱目打ち」と呼ば

糸で縫っていきます。

縫い穴をあけた革を綺麗に縫い合わせる、”手縫い”はレザークラフトの醍醐味の一つ! レザークラフトでは、糸の縫い目が作品の一部であり、作品の出来に大きく影響するといっても過言ではあ

糸の色は灰色を使ってみました。
黒系の革に黒の糸を使うと縫い穴ばかりが目立ってしまいますし、白糸は糸ばかり目立ってしまって印象がチープになります。
灰色は目立ちすぎず、黒系の革と相性の良い色です。

縫い終えたら本体の角を落とし、やすりで丸く整えます。


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでレザークラフト入門をフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください