レザークラフト入門講座

レザークラフトの基本 キーホルダーの作り方

2016/11/15

レザークラフトの基本 キーホルダーの作り方

スポンサーリンク

ガイドラインを引く

裁断したら、糸を縫うラインを引きます。
ラインを引く道具は、ねじ捻と呼ばれる道具を使いました。
クラフト社 革工具 ネジ捻 8633

ねじ捻はねじを回すことで口が開閉します。
ねじ捻り

ねじ捻の口巾は、使用する菱目打ちのピッチ間隔とします。
今回、ピッチ間隔が3mmの菱目打ちを使うので、ねじ捻も3mmに合わせます。
ねじ捻りの間隔を3mmに調整

上の写真をよく見ると、ねじ捻の先は長さが違います。
ねじ捻の先が長い方をコバにあてがうことで、コバと平行なラインが引けます
ねじ捻りの先をコバに宛がい、平行にラインを引く

スポンサーリンク

柄の部分をしっかり握って、手前に引いて線を引きます。
ねじ捻りでラインを引く

マーカーは最後まで引いてしまうと、縫いしろ以外の部分に線が残ってしまいます。
縫い代以外の部分にラインは引かない

少し手前で止めると良い
直角部分は少し手前でラインを止める

ねじ捻でマーカーが引けました。
マーカーは片側だけに引きます。
ラインを引いた革


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでレザークラフト入門をフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください