レザークラフト入門講座

手帳型iPhoneケースを作ってみました

2017/04/21

手帳型iPhoneケースを作ってみました

スポンサーリンク

iPhoneケースの作り方

100均で購入したスマホケースを見ながら現物合わせで型紙を作りました。
左の2枚は心材です。ホームセンターで手に入れた1mm厚の発砲塩ビ板を使っています。心材は1.5mm位の厚みがあっても良かったと思います。
※写真を撮り忘れたので修正前の型紙です。

シボや傷の具合をみて最適な部位を使います。

見た目以上に複雑な形状なので裁断が難しい・・・

蓋の内張りになる部分を作ります。
ヘリを返すので斜め漉きします。

漉いたら定規を使って5mm程折ります。

ゴムのりで接着し、ハンマーで軽くたたいて馴染ませます。

縫い穴のガイドはヘリから1.5mmの位置に引きます。

10cm程縫いました。革が少したるんでしまいましたが、引っ張りながら貼りつければ問題ないでしょう。


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでレザークラフト入門をフォローしよう!

“手帳型iPhoneケースを作ってみました” への3件のフィードバック

  1. 井口 より:

    はじめまして。いつも素晴らしい記事をありがとうございます。何度も熟読させていただいています。この度私もスマホケース作りに挑戦してみようと思うのですが、以下二点質問させてください。

    1、革は厚さ何ミリのものを使用されていますか?革の種類もわかると幸いです。

    2、マグネットはマグネットホックではないように見えますが、どちらで購入されましたか?また、マグネットの厚さはどれくらいでしょうか?

    お手数かけますが、ご返信を心待ちにしています。

  2. シラサワ より:

    はじめまして
    井口様と質問がだぶりますが、革の厚さをお教えください。
    また、ケースを張りつける革はどれぐらいの厚さに薄くしましたか?

    • hiro より:

      コメントありがとうございます。
      革の厚みはおおよそ0.7mm~0.4mmほど
      フチの部分は可能な限り薄くしました。

hiro にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください