レザークラフト入門講座

簡単に作れて実用的!ヌメ革コインケースの作り方

2017/07/20

簡単に作れて実用的!ヌメ革コインケースの作り方

スポンサーリンク

パーツの処理

型紙の縫い穴位置を転写しているので菱ギリを使って一つ一つ穴を空けていきます。

貼り合わせる革のウラとオモテで菱ギリの角度を逆にしましょう。(下の写真参照)
こうすることで、床面どうしを貼り合わせたとき、ひし形の向きが一致します。

マチ部は真ん中で折り曲げてハンマーで叩いて跡を付けます。
強めに叩いてしっかりと跡をつけましょう。

バネホックを取り付けます。
型紙に記載された取り付け位置にパンチで穴をあけます。
穴径は使用するホックのサイズに合うものを選びましょう。
下のようなパンチセットを一つ用意しておくと様々なサイズのホックに対応できるので便利です。
取替式パンチセット 
ストロングツール(Strong TooL) 取替式パンチセット 6ピース 05493

バネホックのダボ側を取り付けます。
ダボと足の細い部品をセットで使います。
ダボの組み合わせ

バネホックは専用の取付具を使います。
ホックの大きさや形状に合わせた専用の工具が必要です。
下のようなセットならほとんどのカシメに対応できるので便利です。
オールマイティープレート付 【10セット】
オールマイティープレート付 【10セット】 ホック打ち カシメ打ち 大 中 小 ハトメ 菊割り 打ち具 打ち台 レザークラフト 工具 道具

バネ側を取り付けます。
このうち、ホック側の純正留め具は頭が膨らんでいます。
金属部分を隠したいので、”バネホック 隠し頭”を別途購入して利用することにしました。
ばねホックの留め具と隠し頭

パーツの接着

ゴムのりを使ってパーツを接着します。
ゴムのりは接着する両面に塗布して乾燥させます。
接着剤の乾燥後、ゴムのりを塗布した面を貼り合わせて強く抑えると接着されます。
クラフト社 革工具 天然ゴムのり ECO 300ml 2339

革の銀面とトコノールで処理した床面は、そのままでは接着力が弱いです。
ゴムのりを塗布する面をカッターの背を使って荒らしてください。

型紙に記載された位置にポケットの接着します。
この時、各パーツの縫い穴が一致するように接着します。

コインケースの”かぶせ”にコの字へりを接着します。

コインケースのマチ部を本体に接着します。
写真の位置に接着しましょう。

コインケースの外周部を2mm幅で切り取ります。
こうすることでコバが揃い、カットの誤差がなくなります。
コバを揃えたら、外周部を減り落としで丸くします。(この時点では磨かない)


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでレザークラフト入門をフォローしよう!

“簡単に作れて実用的!ヌメ革コインケースの作り方” への5件のフィードバック

  1. 駒沢 より:

    2019年3月3日にカード決済にてコインケース型紙を購入したのですがメールが届きません。
    いつくらいに配信してくれるのでしょうか?

    • hiro より:

      購入と同時にメールが配信されます。
      迷惑メールに振り分けられてしまった可能性もありますのでまずは迷惑メールボックスを確認ください。
      よろしくお願いいたします。

  2. 駒沢 より:

    ご連絡ありがとうござます。携帯ショップの店員さんにメールに確認していただきました。
    メールの設定がパソコンからだと拒否設定になっていたそうです。大変申し訳ありません。
    お手数ですが、再送お願い出来ないでしょうか

    • hiro より:

      購入履歴に駒沢様の名前がございません。
      申し訳ございませんが、正常に決済できていない可能性がございます。
      もしくはローマ字でしょうか

      お手数おかけいたしますが、決済の際にご入力いただいたお名前を頂戴してもよろしいでしょうか?

      ご購入日もお願いいたします。

  3. 駒沢 より:

    そうでしたか
    他の型紙も欲しくなったので、
    改めて注文したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください