初心者向けレザークラフト入門講座

レザークラフトの【菱ギリの使い方】メリット・デメリットを詳しく紹介

2017/03/24

レザークラフトの【菱ギリの使い方】メリット・デメリットを詳しく紹介

スポンサーリンク

皆さん菱ギリって使ったことありますか?これ、実はレザークラフトのスキルアップには欠かせない道具の一つ。菱ギリひとつで縫い目がとても綺麗に仕上がるのです。

今回、あえて菱目打ちを使わず、菱ギリで縫い穴を空ける方法について、どんな時に菱ギリが役に立つのか、メリットとデメリットについて詳しく説明します。

↓私が愛用している菱ギリ

協進エルの安物ですが、先端を研いで革砥で仕上げているので切れ味は良好。1mm程度の革なら力を入れなくても腕の重さだけでスッと入っていきます。

購入した直後の菱ギリは刃先が丸く、全く使い物になりません。
(体重を乗せないと穴が開かないレベル)さすが1000円の安物です。

メリットとデメリット

菱ギリを使う利点

  • ハンマーを使わないので静かに作業できる
  • 縫い穴が綺麗に仕上がる(下記に縫い代を比較しています。)
  • 表と裏で同じ大きさの穴が開くので糸の通りが良い
  • 縫い目のピッチと穴の組み合わせが自由
  • 良く研げば、革を手で持ったまま穴を空けることができる
    (複雑な箇所の穴あけがスムーズにできる)

欠点

  • 縫い穴を一つ一つ空けるのが面倒
  • 慎重に作業しないと返って見た目が悪くなる
  • 菱ギリを研ぐには慣れが必要

菱ギリの使い方

菱ギリで穴を空ける前に、菱目打ちで縫い穴の印を付けます。穴を貫通させず、菱形の向きが確認できる程度の印を付けてください。木槌を使って”コッ”と軽くたたきます。
アパート・マンションにお住まいの方でも全く迷惑にならないレベルでOK。

菱目打ちの箇所を菱ギリで一つ一つ穴を付けていきます。当然、菱型の向きを一定に保ち、革に対して直角にキリを刺していきます。
良く研いだ菱ギリを刺すと”ヌッ”という独特の感覚があります。”ザクッ”という音が出る場合は研ぎが足りないか、刃先が丸まった証拠です。

ちなみに、菱ギリを使う場合は通常のゴム板は使いません。固すぎるので使い物にならないからです。
上で使っているのは発砲ゴム板を使っています。柔らかく、菱ギリの刃先に優しい素材です。
ただし、柔らかすぎるので穴を空けるとき沈んでしまいます。そんなわけで最近はコルクレンガ(コルクブロック)を使うことにしています。
↓↓↓
コルクレンガ(コルクブロック) 200×100×60mm 330g 細目

菱目打ちで開けた穴と菱ギリで開けた穴の比較

左が菱ギリで開けた穴で、右が菱目打ちで開けた穴です。
少し菱ギリで開けた方が穴が小さく見えます。これは(菱ギリと比較して)切れ味の悪い菱目打ちを木槌で打ち込んでいるため、穴の角がクレーターの様に凹んでしまっているからだと思われます。

裏側
菱ギリで開けたものは表と裏でおなじ大きさの穴が開きます。一方、菱目打ちの場合、先端が僅かに貫通する程度なので小さな穴が開くだけです。

ステッチの比較

実際に縫った時のステッチを比較してみました。

表側
同じ糸を使って同じ力で縫ったのですが、糸の太さが違って見えます。
菱目打ちで縫い穴を空けた方が太く見えないでしょうか?なぜ太く見えるのか原因がわからないのですが傾向として、菱ギリを使うと糸が細く見える傾向があります。
菱目打ちで開けた縫い穴はクレーターの様に大きく広がってしまうことが何か影響しているのかもしれません。

裏側
どちらもステッチに大きな変化はありませんが、菱目打ちで開けた方はステッチに乱れが生じているのが確認できます。
何故かキリを使うとステッチが安定し、菱目打ちを使うと乱れてしまうのです。この傾向は実際に作った作品でも同じように表れます。
推測になりますが、菱ギリで開けた穴は裏面側も菱形の穴が開くのに対し、菱目打ちの場合は小さな点の穴です。針を通すと、小さな穴を割きながら糸が通るので穴の形状が変形し、それがステッチの乱れとして現れるのではないかと思います。

↓こちらのサンプルの方がステッチの乱れが良く確認できます。
左が菱ギリ。右は菱目打ちです。(わざと雑に縫ったわけではありません。)

以上の様に、総合的に菱ギリを使った方がステッチが美しく仕上がる傾向が確認できます。
ただし、菱ギリで穴を空けるときは慎重に真っ直ぐ穴を空けないと、逆に見た目が悪くなるのは言うまでもありません。

菱ギリはケースで保護する

菱ギリは適切に研ぐと、薄い革なら菱ギリで裁断できるほど鋭利な刃物になります。
革で簡単なケースを作り、刃先だけでも保護しましょう。
そのまま道具箱に入れると危険なだけでなく、すぐに刃こぼれして砥ぎ直さなければなりません。

1mm厚のハギレを使って簡単に作れます。


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでレザークラフト入門をフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です