初心者向けレザークラフト入門講座

ラウンド型小銭入れの試作

ラウンド型小銭入れの試作

スポンサーリンク

ファスナーを使ったラウンド型のコインケースを作ってみました。
試作なのでファスナーは手持ちのダークブランを使っています。
革の色がネイビーなので紺や黒のファスナーを使うとよいでしょう。

以前作った「三角のファスナー小銭入れ」もファスナーを使った作品の一つですが、今回はもう少し本格的に作ってみました。
ラウンド型の財布を作ってみたいと思っているので、その練習です

本当は中に仕切りが入るのですが、ファスナーを取り付ける練習なのでシンプルな形状にしました。

ラウンド型コインケースの制作過程

いつものようにCADで試作用の型紙を作りました。

作図ソフト(CAD)を使ってどのように型紙を作るのか、実際に単純な小物入れの型紙を作りながら、CADを使った型紙の作り方を詳しく紹介します。 作図ソフトはフリーソフトのJW-CA

内張りの革はヌメ革の”はぎれ”から適当に使えそうな革を選びました。
↓割と使える革がそろっているので便利です。

レザークラフトの初心者は、ハギレを買ってとにかく練習することが上達の第一歩です。 ところが革のハギレは当たりハズレが大きく、練習にすら使えないセットも売られていたりします。

内張りにファスナーを取り付けるのですが、木型を使うと正確に作れるようです。
ということで、木材で木型を作りました。
木材はMDF板という、木の繊維を圧縮して作った板を使いました。
比較的やわらかく、ノコギリと紙やすりで簡単に加工できます。
MDF 『2.5×600×900mm』 3枚セット

銀面を内側にして木型にかぶせ、テープで仮止めします。

ファスナーの仮止めは一度に接着せず、一辺づつ接着しながら作業すると作りやすいです。
まず、右側と上部をテープで仮止めし、左側にファスナーの仮止め両面テープを貼ります。(裏側も同様)

ファイスナーを木型に巻き付けるように接着していきます。
ちなみに、コーナーは貼り付けず、直線部分だけを接着していきます。

コーナー部のファスナーは菊寄せして接着します。
↓これはよくない例。
コーナー部に大きなシワができてしまっています。
このまま外張りを貼り付けるとボコボコになってしまいます。

目打ちを使い、小さなシワをたくさん作るように菊寄せしていきます。

とりあえずこんな感じになりました。
初めて菊寄せしてみましたが、結構難しい・・・。
菊寄せの部分は両面テープでは接着力が弱いのでGクリヤーという接着剤を使いました。

ファスナーを貼り付けたら木型を取り出します。

外張りを裁断し、縫い穴をあけておきます。
縫い穴の位置は内張りと一致するようにCADを使って設計しているのでこのまま縫い付けることができます。
ちなみに、床面とコバ処理もこの段階で済ませておきます。

内張りと外張りは仮接着しません。
そのまま縫い付けていきます。

縫い終われば完成です。

試作品の完成です

試作品なので絶対失敗すると思い、状態のよくない革を使っています。
このように、光の加減で”トラ”の跡が見えます。

ファスナーの開閉はスムーズ。
菊寄せが歪だったのでファスナーが微妙に歪んでしまったのがマイナスポイント。
上手に菊寄せできるように練習が必要ですね。

後ろ側
革の小物は、この影が美しい。
型紙の設計は少し修正が必要ですが、作り方はだいたい分かりました。


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでレザークラフト入門をフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です