初心者向けレザークラフト入門

ラウンドナイフのケースを作る

2016/12/05

ラウンドナイフのケースを作る

スポンサーリンク

ラウンドナイフとはレザークラフトの道具の一つで、欧米の職人さんが好んで使っています。
日本で言う革包丁のような、革を裁断したり漉いたりする道具です。

今回は、自前のラウンドナイフのケースを作ってみることにしました。

革で作ったラウンドナイフのケース

自作したラウンドナイフのケース

ラウンドナイフに合わせて型紙を作る

まず、ラウンドナイフの円に合わせて型紙を作りました。
半径5mm間隔で同心円を描き、ラウンドナイフを重ねておおよその半径を割り出します。
手持ちのラウンドナイフはおおよそ直径13cmのナイフということが判明。
ラウンドナイフの直径を計る

スポンサーリンク

ラウンドナイフより一回り大きい、14cmの円に型紙をカットし、柄の部分をなぞっておおよその形状を転写します。
ラウンドナイフの形状を型紙に写す

柄のくびれ部分にホックを取付けるため、型紙はこんな形状にしてみました。
ラウンドナイフに合わせて作った型紙

スポンサーリンク

記事がお役に立ちましたら、応援よろしくお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です