初心者向けレザークラフト入門講座

レザークラフトの型紙に最適な厚紙

レザークラフトの型紙に最適な厚紙

スポンサーリンク

レザークラフト用の厚紙として工作用紙を使っています。
文具店で手に入る、10枚あたり500円前後の一般的な工作用紙です。
(サイズは45.5cm×31.5cmと、A3より僅かに大きい)
菅公工業 工作用紙 20枚入 リ399
菅公工業 工作用紙 20枚入 リ399

型紙に使えそうな厚紙を調査

工作用紙でもリーズナブルなのであまり気にしていませんでしたが、別にマス目は必要ありませんし、「ネットで調べればもっと安い厚紙が見つかるのでは?」と思い、調査してみることにしました。

板目用紙

最初に見つけたのが「板目用紙」という厚紙です。
板目用紙とは通常の紙をそうに重ねて作成される厚紙のことで、官公庁で書類を綴るための厚紙としてよく利用されるようです。
どうやら紙の両面が白紙になっているようです。(工作用紙は裏側は灰色のボール紙ですよね。)
ネットで調べるとコクヨの板目用紙が一枚あたり20円前後で販売されていました。
コクヨ 板紙表紙 <K2> A3 100枚 K2セイ-EA3-100
コクヨ 板紙表紙 A3

100枚単位なので少し迷いましたが、5枚入りの工作用紙を頻繁に買っているのでまとめ買いのつもりで購入することにしました。

ところが、

よく調べてみると厚さが0.7mmもあります。
工作用紙をノギスで測定してみるとおおよそ0.4mm。厚い紙なら丈夫な型紙ができますが、量産するわけではないので型紙の耐久性はあまり重要ではありません。
それよりも紙が厚いと裁断が大変そうです。

試しに工作用紙を2枚貼り付けたものを切ってみましたが、想像以上に作業効率が下がることが判明。直線部分は力を入れればなんとかなりますが、曲線部分は切り残しができてしまい、実用的ではありませんでした。

白いボール紙

型紙に使用する紙は、工作用紙と同じ0.4mm前後がベストです。そこで厚さも確認しなが調べてみると、「白いボール紙」という厚紙を発見。
厚みは0.4mm、一枚あたり20円以下で手に入る厚紙です。

サイズは42.5cm×32.5ccmと工作用紙とほぼ同じです。
白いボール紙(裏グレー)厚紙 <約0.4mm厚> 310g/㎡ 縦目 【100枚入】 (A3(少し大きめ:325×425mm))
白いボール紙(裏グレー)厚紙 <約0.4mm厚>【100枚入】

こちらも、ご覧の通り100枚入りなのでちょっと多いですよね・・・
私は型紙を頻繁に設計するのでまとめ買いのつもりで購入してみました。

白いボール紙をレビュー

白いボール紙が届きました。

早速中身を開封
片面が白、裏面がグレーの紙です。
↓こちらは表側。工作用紙より光沢があり、つるつるしています。注意書きとして表面がコートされているので水彩絵の具には不向きですと書かれていました。
型紙で利用するコピー用紙の糊付け程度なら問題ないと思います。接着力が弱い場合は裏面を利用すれば良いでしょう。

こちらは裏側。質感は工作用紙と全く同じです。

厚みは0.38mmでほぼ記載されているスペックどおりです。
工作用紙とほぼ同じ腰があるので今まで通りの使い方ができます。

適当な型紙を貼り付けてみました。
接着力も問題ありません。

今までの工作用紙と同じように裁断できるので効率的に作業できます。


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでレザークラフト入門をフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です