初心者向けレザークラフト入門講座

レザークラフトの道具を収納 愛用の工具箱を紹介

2017/06/19

レザークラフトの道具を収納 愛用の工具箱を紹介

スポンサーリンク

みなさん、レザークラフトの道具はどうしていますか?
菱目打ちやカッターナイフ、ハンマーに接着剤などなど、大きさや形状もいろいろなので工具入れも必要です。
しかも、菱目打ちやカッターナイフなどは刃物ですから、きちんとした道具箱に保管しないと刃こぼれしたりケガをしてしまいます。

そこでオススメするのは、「Astage シェルフパワー」シリーズです。
このシリーズは3つのサイズがあり、その中でも一番大きい500G2が使いやすいです。
Astage シェルフパワー500G2 ブラック [W約44×D約23×H約22cm]

500G2は蓋を開けると3段ボックスで、上の2段がスライドする構造。
収納した工具が取り出しやすく、レザークラフトの作業が格段に向上します。

仕切りも付属していて、自由に収納スペースを調整することができます。

仕切りを使って、”菱目打ち”、”キリ”、”ヘリ落とし”、”刃物”など、工具の種類ごとに収納することができます。

一番下のボックスは底が深いので接着剤の缶や木槌、ゴム板など、比較的大きな工具をすっきり収納することができますよ。

一番下の収納ボックスは、高さ9.7cmのゴムのり缶がぎりぎり入りました。

レザークラフトで使う一通りの工具が収納できます。

上の写真にある工具をすべて収納してもスペースに余裕があり、工具が取り出しやすいです。

この様に、ちゃんと蓋も閉まりますよ。


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでレザークラフト入門をフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です